仮性包茎とは?

仮性包茎の写真

仮性包茎は罹患率70%とも80%とも言われ、軽重の差はあれど日本人男性の多くが頭を抱えている性問題の一つです。

 

念のために説明しておくと、仮性包茎というのは普段は皮を被っており、剥こうと思えば剥ける状態を指します。剥きたくても剥けないのは真性包茎やカントン包茎ですね。

 

それで、最近では「重度の仮性包茎」という表現を使う人が増えてきましたが、そもそもこの重度って言うのはどの程度の症状を言うのでしょうか?

 

仮性包茎手術ランキング

 

重度の仮性包茎とは?

 

 

コンドームの写真

私の調査によれば、まず前提として「悩み度が大きい人」が使う傾向にあるという事が分かりました。同じような状態でも本人の感じ方で変わるようです。

 

例えば、勃起時に亀頭が3分の1しか出ない仮性包茎の時、これを重度と考える人もいれば軽度の仮性包茎だと考える人もいるというような感じです。

 

重度の仮性包茎だと感じている男性の多くは、勃起して綺麗に露茎できない状態を見て過度に落胆し、自分自身を卑下するような表現として重度という言葉を使っている傾向にあります。確かに、勃起した陰茎が皮被りでは見た目的に物足りなさを感じてしまいます。

 

股間が痛む男性

皮を剥いてもマフラーを巻いているように皮が余っている状態は見栄えが悪いですからね。皮がダブついてコンドームがすぐに取れてしまったり、毛を巻き込んで痛くなってしまったりといった「仮性包茎特有の不都合」を感じて悶々としている人も多いでしょう。

 

ただ、ここで言う重度の仮性包茎であっても気にする事なく性行為を行っている人もいます。問題なく配偶者に子種を授け、父となっている人がいるのも事実です。同じような状態でも悩む人と悩まない人がいます。これは仮性包茎に限った話ではありません。

 

結論としては、重度か軽度か、本人の感じ方によるという事です。治すかどうかも、その悩み度が大きいかどうかによるものであり、仮性包茎の手術について賛成派と反対派がいる所以の一因もここにあると言えるでしょう。

 

仮性包茎の治し方とは?

 

 

包茎クリニックカウンセリング風景

露茎するにはどうしたら良いのだろうと悩んでいる仮性包茎の男性も多いようですが、皮が余っている以上は切除する以外に常時露茎状態にするのは難しいでしょう

 

切除以外で理にかなっている方法としては、ペニス自体が成長して大きく長くなるくらいしか考えられません。これも18歳(高校生頃)を超えた男性であれば更なる成長は望めないと言われている事から考えても、自然と仮性包茎が治るというのは現実的ではありません。医学的な施術により変形させる以外にないでしょう。

 

皮を癖付けるリングやバンドなどもありますが、中々根気のいるものであり効果を保障されているものでもありません。勿論、医学的な根拠にも欠けます。下手をすると傷をつけ、そこから炎症や性病の感染など「労多く益少なし」という結果になりかねません。また、決まってそういった矯正器具にはアフターケアは無く、自己責任です

 

医師と患者が握手する写真

一度の手術で物理的に皮の余分な部分を切除し、仮性包茎の状態を断つ事が最も理にかなった治し方ではないでしょうか?そのためには実績があり信頼できる医師に任せ、完治までの術後のケアも含めてサポートしてもらう事が肝要です。

 

露茎した状態になれば最初は亀頭が敏感すぎて痛みを伴いますが、時期に慣れて常時露茎状態でも問題なくなります。そうなれば見た目でコンプレックスを抱く事もなくなるでしょうし、皮を巻き込んだり早漏気味になったりといった関連する悩みも解消されるでしょう。

 

包茎手術ランキング

包茎手術以外の仮性包茎の治し方【非推奨】

後ろを向く男性

仮性包茎の治し方としては、一番良いのは手術による方法で間違いないでしょう。私としては一貫してその主張を曲げるつもりはありません。しかし、手術は敷居が高く出来れば自宅で自分で治したい…。そう考える方が多いのも事実です。実際に私も最初は自分で治す方法に取り組みました。

 

私の場合は駄目でしたが、人によっては自分で治してしまう人もいるようです。そこには多分に「状態が非常に軽かった事」が関係しているのではないかと推察しますが、実際に自分で治した人の元々の仮性包茎の程度を確認した事はありませんので本当のところは分かりません。

 

以下に仮性包茎の治し方として代表的なものを纏めました。中には危険な方法も敢えて取り上げています。当サイトとしては決してお勧めしませんので自己責任にてご参考ください。

 

絆創膏(+矯正リング)で仮性包茎を治す

絆創膏

包茎矯正リングを使って、自力で仮性包茎を治そうとチャレンジしている男性も多いようです。人によってはサージカルテープやセロテープ、輪ゴムを使う人もいます。

 

しかし、仮性包茎の方で皮が厚い場合には、亀頭の下にこれらのものを付けても「皮の戻ろうとする圧力」によってすぐに元に戻ってしまいます。これは絆創膏をうまく使うと、剥きクセ(剥き癖)をつけるのに役立ちます。

 

貼り方は、矯正リング等で包皮を固定している部分の下に張り、その上から矯正リングなどを取り付けるという方法です。

 

実際、粘着度の高いテーピングなどのほうがしっかりと固定できるのですが、ペニスは粘膜であり刺激に弱いので、被れ等を起こしてしまう可能性があります。絆創膏の場合は、元々の設計が肌に優しいように出来ています。空気穴もあり被れにくい為、比較的皮膚に優しいというメリットがあります。

 

更に矯正リング等の上に絆創膏を貼る人もいるようです。つまり、絆創膏⇒リング⇒絆創膏という順番です。なぜ更に絆創膏を重ねるのか?

 

男子トイレ

この貼り方であれば、外出先で用を足している際にも、隣に立った人から矯正リングを見られる心配も少なく、絆創膏であれば肌色で目立たないので「隠せる」という点でメリットがあります。もし知り合い等に偶然見られて疑問に思われたとしても、「ちょっとズボンのチャックで挟んでケガをしてしまって…」などと誤魔化すこともできますね。

 

軽い仮性包茎であれば、絆創膏を使う方法は簡単にできるので良いかもしれません。人によっては矯正リングなど使わず絆創膏のみを亀頭下あたりに貼って皮被りを抑え、それで矯正させた人もいるようです。この人の場合、高校生の頃に実施し約6か月ほどで殆ど露茎するようになったそうです。亀頭を出すことで陰茎自体も成長し長さ、太さも増えたのだとか…。

 

ただし、あくまで自己責任においてです。性器は繊細です。既に書きましたが、見えない傷から炎症を起こしたり性病を患ったりする恐れがあるので注意しましょう。

 

アロンアルファで仮性包茎を治す

瞬間接着剤

仮性包茎を治す方法として、アロンアルファ(瞬間接着剤)を使う方法があります。これもある意味「劇薬」ですね。いったいどのようにしてアロンアルファを使うのかというと、少量を直接皮に塗って固定するというだけです。皮を固定することで、そのうち癖がついてしまうということです。アロンアルファは気軽に購入ができますし、包茎対策用だとレジの店員に疑われる事は100%ないでしょう。

 

やはり当たり前と言えばそれまでですが、アロンアルファを仮性包茎を治すために使うのは非常にリスクが高いです。まず、接着剤に含まれている成分のせいで肌が被れてしまうでしょう。量を多く付け過ぎてしまうと、ものすごい「熱」を感じます。

 

それに接着した部分が固まると硬くなり、その部分が擦れて被れることもあります。また、接着力が非常に強いため、失敗したりして剥がす時にケガをしてしまう可能性もあります。

 

最近私も知った事ですが、実は医療の現場では傷口をアロンアルファで塞ぐこともあるようです。それは医療用に作られた特別な接着剤です。市販されているアロンアルファで肌を接着させることは非常に危険です。

 

ステロイド剤で仮性包茎を治す

アトピー

真性包茎やカントン包茎と呼ばれる、完全に亀頭が包皮の中に入ってしまっている状態の患者さんや、まだお子さんで亀頭部分に包皮炎などができてしまう場合などに使用されるステロイド剤を、仮性包茎の人が自宅で治療するために使用する例もあるようです。

 

ステロイド剤というのは、皮膚を柔らかくするための薬剤であり、アトピー性皮膚炎などの治療でも使われています。肌との親和性は良いとしても使い方を間違えると、赤みやかゆみ、皮膚の萎縮が起きてしまうなど重大な皮膚トラブルを起こす危険性があります。

 

軟膏

ステロイド剤を使う時には、必ず医師に相談をして、医師の処方の元で使うようにしましょう。真性包茎の場合と、皮をむけば自力で亀頭を出すことができる仮性包茎の場合とでは治療の方法が違います。インターネットで流行っているみたいだからと気軽な気持ちで始めるのは危険です。

 

ここまで3つほど自力での仮性包茎矯正方法について紹介してきましたが、やはり医療機関で相談した方が安心ですね。恥ずかしい、面倒だ、費用の問題がある、等々。人によって思う所はあるでしょうが、やはり治すのなら医師による医学的根拠に基づいた方法がベストだと言えるでしょう。

 

物や薬に頼らない方法で仮性包茎を治す

若い男女

最後に番外編的な感じで一つだけ補足しておきます。それほど皮の被りが酷くない「最軽度の仮性包茎」なら、剥いている時間を長くする事で自然と矯正する事もあるようです。

 

その方法はとてもシンプルで気が付いたら剥いておくというだけです。トイレを済ませたら剥く、風呂で剥いて上がっても剥く、寝る前に剥く、気付いたら剥く、そしてパンツにしまっておく。これだけです。これを繰り返すだけで改善されたといった声はインターネット上に沢山転がっています。

 

簡単で安全な方法のようにも思えますが、ただ一つだけ注意が必要です。それは、皮が戻って毛の巻き込みが生じてしまうという事です。説明するまでもないでしょうが、仮性包茎は皮が余っているため一度手で剥いても元に戻ろうとします。

 

その時に余った皮の間に陰毛が巻き込まれてしまうのです。毛と一緒に皮が引っ張られて、結構痛いものです。場合によっては激痛です。亀頭に傷が入り、そこから性病などを患うリスクも増します

 

仮性包茎を悩む男性

この陰毛の巻き込みを防ぐには、陰毛を巻きこまれない長さにカットするという方法があります。他にもボクサーブリーフを履くという方法もあります。完璧ではありませんが、ピッタリした下着はある程度「皮の戻り」を阻止できるので、多少は効果があります。陰毛カットと併用すると良いでしょう。

 

ただ、あまりにも巻き込みが酷いなら、やはりそれは軽度で片付くレベルではないと判断し、この際「仮性包茎手術」を検討したほうが良いでしょう。清潔を保つこともできますし、見た目も良くなり一石二鳥です。人によっては三鳥、四鳥となるでしょう。上記でも触れましたが、矯正器具を含め、自分での治療は危険で怪しげなものが多くお勧め出来ません。

 

ちなみに意外と大切な事が、マスターベーションの際に亀頭を出して行うという事です。仮性包茎の人は皮を被ったままマスをかく(自慰する)ために、皮を伸ばしてしまうのです。所謂、「皮オナニー」というやつです。仮性包茎は皮が多く余る事が主な原因ですので、出来るだけ皮をビロンビロン伸ばすのではなく、剥いた状態で行うようにしましょう。また、根本のほうに引っ張る事を意識して行う事が大切です。亀頭が敏感であるため痛みが伴います。市販のローションなどを使って潤滑させながら行うと亀頭にも優しいでしょう。ただし、異変を感じたらすぐに止めましょう。

 

あとがき

 

専門医

全身麻酔を世界で初めて開発した外科医「華岡青洲(1760〜1835年)」が江戸時代に麻酔を使って包茎手術を行ったと記録にあります。江戸時代もしくはそれ以前から包茎は切って治すものだと一部の日本人は考えていました。

 

時は流れ現在の平成の時代、包茎手術の技術は進歩し安全性は増し、かつ費用は低価格化しています。必要だと感じている人は無料カウンセリングを利用して一歩踏み出してみると良いでしょう。日帰りで終わり、体験者の多くが「呆気なかった」と感想を述べています。「ムケチンは男の自信に繋がる」と言った感想も多いです。

 

包茎で卑屈になるなどは、この時代においてはまさしく「時代遅れ」「時代錯誤」と言わざるを得ない。少し言い過ぎかもしれませんが、実体験から自然と出る私の本音であります。

 

包茎手術ランキング


このページの先頭へ戻る